新築一戸建てを学ぶ

新築一戸建ての間取りの決め方とは

新築一戸建ての間取りの決め方とは 新築一戸建てを建てる時には間取りの決め方が重要になってきます。
新築一戸建てですと自由度が高くて色々なことができますが、判断を誤るともったいない思いをすることがあります。
例えば、吹き抜けというのは開放感があって良いものですが、2階部分の空間がないということは、部屋を削るといった考え方もできます。
建てた後になって吹き抜けを見た時に、床を張って部屋にしておけば良かったと思うこともあるかもしれません。
吹き抜けは開放感やオシャレさなどの魅力がありますが、音が漏れやすくなったり、空調を利用する際に風が逃げやすくなるといったデメリットもありますので注意しておきたいところです。
このように、新築一戸建ての間取りを考える時には、見た目の美しさだけに気を取られないことが大切です。
そういった意味ではロフトもメリットとデメリットがあります。
ですから、メリットとデメリットの両方を確認して、それでも問題ないとできたら取り入れると良いでしょう。

新築一戸建ての標準的な間取りとは

新築一戸建ての標準的な間取りとは 新築一戸建てを考えるときには、自分たちに必要な大きさで購入すればいいですが、参考までにどのくらいの間取りが標準的な間取りになるでしょうか。
一戸建ての標準的な間取りとしては、4LDKもしくは3LDKくらいが標準といえるでしょう。
4LDKの場合は、一階にお客様用の部屋を一部屋用意し、2階に子供部屋を二部屋と夫婦の寝室という間取りにしてる人が多いでしょう。
お客様が来た時のために一階に部屋を用意しておくといいですが、実際の生活の中でお客様がとまっていくようなことがあるでしょうか。
1年に一回も泊まりに来るようなことがなさそうなのであれば、無理にお客様用の部屋を作らずに3LDKにして、少し広めにリビングを取っておくこともできるでしょう。
使わない部屋を確保するよりも、普段から毎日使うことになるリビングをあえて広くしておくことによって、使い勝手のいい家にすることが出来ますので、部屋を一つ減らすことを考えてもいいでしょう。

新着情報

◎2017/10/23

一戸建てを借りてみる
の情報を更新しました。

◎2017/7/25

新築一戸建ての間取り
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

ブリティッシュにリフォーム
の情報を更新しました。

◎2017/1/11

新築一戸建ての価値
の情報を更新しました。

「一戸建て オシャレ」
に関連するツイート
Twitter